1. 性交後でも間に合う|アイピルを通販して備えておく避妊法   >  
  2. アイピル通販でのリスク

アイピル通販でのリスク

ネット通販について考える

アイピルを通販で買えるというのは、リーズナブルなアフターピルを備えておけるという点で女性にとって大きなメリット。

しかし医療機関で処方してもらう場合とは違って、トラブルの可能性は否めません。
利用したサイトが違法業者だったら、一体どうなるでしょうか。

注文したアイピルが届かない。
24時間以内に服用したのに妊娠した。
服用してから著しく体調を崩した。

このように、詐欺や偽造薬による健康被害に見舞われるリスクが高まってしまいます。

通販サイトすべてが危険というわけではなく、正規品を取り扱っている業者も多く存在します。
大切なのは、適正な運営を行っているサイトを選びぬく目を持つということ。

信用できるサイトを選ぶポイントは、

・特定商取引について明記している
・第3者機関による商品鑑定書を公開している
・支払いにクレジットカードが使える
・電話対応のサポート体制が整っている
・同業サイトと比べて、商品価格が安すぎたり高過ぎたりしない
・運営歴がながく、利用者からの口コミ評価が高い

などがあります。
インターネット上で商売するためには、事業者の所在地や代表者名、事業内容などを記載するのは義務。
第3者機関の鑑定があれば、正規品の取り扱いに自信があると判断できますよね。
クレジット機能を導入しているサイトは、カード会社の審査をクリアしているので安心。
また、電話対応スタッフがいるなら、事前に電話してみてスムーズな受け答えが行われるか試してみるのがおススメです。

サイト内をチェックしてみて、引っかかる点や怪しい点があればそのサイトは避けておくのがベター。
安心して利用できるサイトで注文することが、安全なアイピルの服用につながるのです。